☆ランキングのトップを目指してます☆ ブログが参考になった方はクリックお願いしますφ(゚ω^* )♪


カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
オススメ商品 2
注意点 2
食事 3
エクサ 4
生活習慣病 1
番外編 1
数値計算 2
エステ 2
お知らせ 1
未分類 1

協力お願いします


最近の記事


QRコード

QRコード

オススメ商品


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LESSON15

知らなければ大惨事に?


ランキングにご協力お願いします(´・∀・`)

バナー



急激な食事制限の代償は以前にお話しました。


今回は過剰な運動からくる体への代償をご紹介します。




過剰な運動による減量




発汗による水分減少↓↓


血液の濃縮による心臓の負担増大



発汗による塩分減少↓↓


電解質の異常による痙攣



糖質消費の増大による血糖低下↓↓


・脂質代謝の増加から起こるもの

知的活動水準の低下による思考力、判断力の低下


・タンパク質の分解から起こるもの

筋力低下による運動能力低下

赤血球の低下による貧血

尿素の増加による腎臓への負担

免疫能の低下による感染症の羅患


物理的な負担の増大↓↓


・赤血球の破壊のから起こるもの

赤血球の減少による貧血

・骨格筋、靭帯、腱、骨に対する負担の増加から起こるもの

スポーツ障害の発生



以前に述べた急激な食事制限による減量と非常によく似ています。



このことから今回理解していただきたいのは、ダイエットはただ何も考えずに食事制限や運動をするのではなく自分のスタイルに合った食事、運動をすることがダイエット成功への最短ルートだということ。



1ヶ月でこんなに痩せた!!!という文字を雑誌などでよく見かけますが、健康のために本当に良いものなのかもう一度じっくり考えてみてください。


急に痩せたけど肌が凄い荒れてしまった、身体の調子が悪い・・・・では全くダイエットの意味がありません。


身体に負担がかからないようにプランを考えるようにしましょう。






スポンサーサイト

LESSON14

知らなければ大惨事に

ランクアップにご協力お願いします(´∀`)

バナー



皆さんは食事制限や過剰な運動によるダイエットを行っていませんか?

よく行われているダイエット法は食事制限ですよね。


しかし一歩間違えればとんでもない事態になってしまうのです!!


炭水化物を抜くダイエット法は危険だという事は以前にもお話ししました。(食事カテゴリーのLESSON2です)


ダイエットを行う上で、知らなければ大惨事は2回に分けて、ご紹介していきます。


急激な食事制限による減量


先におおまかな説明をします。

食事制限をすると、水分、塩分、糖質が減少します。

これは当たり前の事ですが、食事制限をしてしまうと栄養素まで制限されてしまいます。



食事制限の代償

ここからは詳しい症状を説明いたします。



水分減少↓↓


血液の濃縮による心臓への負担増大



塩分減少↓↓


電解質の異常による痙攣



糖質減少による血糖低下↓↓


・タンパク質の分解から起こるもの

筋力低下による運動能力低下

赤血球の低下による貧血

基礎代謝の低下による減量困難

尿素の増加による腎臓への負担

免疫能の低下による感染症の羅患


・意欲の低下から起こるもの

身体活動量の減少(減量困難)


・脂質代謝の増加から起こるもの

血液の酸性化による代謝異常




急激な食事制限をするだけでこれだけの代償が待っていたのです!!過剰な運動による症状も似ていますが、次回にご紹介ます。

栄養はしっかり1日30品目摂るように心がけてください!

無理な食事制限は真逆の効果しか得られないという事を頭に入れておくとダイエットも正しく行えると思います。






 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。