☆ランキングのトップを目指してます☆ ブログが参考になった方はクリックお願いしますφ(゚ω^* )♪


カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
オススメ商品 2
注意点 2
食事 3
エクサ 4
生活習慣病 1
番外編 1
数値計算 2
エステ 2
お知らせ 1
未分類 1

協力お願いします


最近の記事


QRコード

QRコード

オススメ商品


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LESSON8

ストレッチ

ブログランクアップにご協力お願いします。

FC2ブログランキング



一昔前までは準備運動だけを目的としたストレッチでしたが、最近では色々な効果を持った運動として注目されています。



さて、ストレッチは大きく2つに分ける事が出来ます。


1つは、

静的ストレッチ

2つ目は、

動的ストレッチ


この2種類のストレッチの効果は多少異なり、目的に応じて使い分けるといいでしょう。





静的ストレッチはどのような効果があるのか?



静的ストレッチは動きを伴わずに、じっくり筋肉を伸ばすような準備運動です。

無理やり筋肉を伸ばすという行為は伸張反射(筋肉を伸ばしすぎて筋がビックリしてしまう事)を引き起こしてしまいます。

それを防ぐためにはゆっくりとジワジワ伸ばしていくといいでしょう。

実際ストレッチを行っているところを見ると、反動をつけている人がいますが伸張反射を起こしてしまう原因となるので反動はつけないで下さい。

肩こりや腰痛などといった日常的に起こる筋肉の痛みも軽減することが静的ストレッチを行うことで出来ます。



動的ストレッチはどのような効果があるのか?



名前の通り動きを伴うストレッチです。ラジオ体操なども動的ストレッチのひとつといえます。

このストレッチは相反神経支配という神経の働きで説明出来ます。簡単に言えば太もも(大腿四頭筋)が収縮するときにもも裏(ハムストリングス)が弛緩しているカラだのメカニズムです。

前後両方の筋肉が同時に収縮すると動きに無理が生じるためこのような事が起きます。

動的ストレッチではこの相反神経支配による効果を期待できます。

動きながら伸ばす事によって、前後お互いの筋肉のバランスを良い状態に持っていくことが出来ます。これは神経系の働きを促進させ、動きの中で柔軟性を高めてくれるストレッチなのです。








2つのストレッチについて説明しましたがこれらのストレッチには共通の注意点があります。

それは痛いと感じるまで伸ばさないようにすること。


よく小学生くらいのスポーツチームの指導者が体をやわらかくするためと言って無理やり選手の筋肉を伸ばそうとしているところを見かけますが、あれは前述した通り伸張反射を起こしてしまう要因となるので絶対にやめてください。



ストレッチはいつでもやっていいので行うくせをつけるといいでしょう。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。