☆ランキングのトップを目指してます☆ ブログが参考になった方はクリックお願いしますφ(゚ω^* )♪


カテゴリー

カテゴリー 累計
全記事一覧
オススメ商品 2
注意点 2
食事 3
エクサ 4
生活習慣病 1
番外編 1
数値計算 2
エステ 2
お知らせ 1
未分類 1

協力お願いします


最近の記事


QRコード

QRコード

オススメ商品


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LESSON7

入浴

第2弾です♪



これからもっと寒くなってくるので皆さんシャワーだけではなく、入浴する機会が増えてくると思います。

入浴もただ入るだけでもいいのですが、さらに色んな効果を楽しんで入れるようになればお風呂の時間が楽しくなるでしょう。

入浴には何通りか方法があり、その性質を説明していきます。






?微温浴

方法:38~39度(ぬるま湯)にゆっくりつかり20~30分つかる。

効果:副交感神経を刺激し、心神をリラックスさせる。疲労をとったり寝つきをよくするのに効果的。


?高温浴

方法:42~45度の熱めの湯に短時間(1~5分)つかる。

効果:交感神経を刺激し、心神をスッキリさせる。目覚めや、作業効率が低下している時の休養として効果的。


?半身浴

方法:みぞおちから下の下半身だけ湯につかる。この時上半身をぬらさないようにする。(ぬれていると体温が下がり、発汗しにくいため)

効果:水圧が小さいので心臓にかかる負担が少ない。特に血圧の高い人や高齢者、心疾患のある人に良い。


?交代浴

方法:熱い湯と冷水シャワーを交互に繰り返す。

効果:血液やリンパ液の循環を促して腫れや、むくみを軽減する。







この4つが入浴方法です。

組み合わせによって色々効果が異なりますが、とくに交代浴は驚くほど効果が出るものです。

サウナでも説明しましたが、冷水と温水の繰り返しにより血管でポンプ作用が起こり、血液の循環促進となるのです。


ちなみに交感神経というのは人が活動している昼間などに働く神経のことで、副交感神経は寝ている時に活発に働く神経のことです。


微温浴はその日の疲労が大きい、『翌日は休みで朝はゆっくり出来るから』という方におすすめです。


高温浴は朝スッキリ目覚めたい方、徹夜で勉強をする人などにおすすめです。


半身浴ですが、入浴は浮力があるので筋肉が唯一重力から解放される時間なのです。上半身のウエイトトレーニングを行っている方は、全身浴をおすすめします。全身の疲労回復が期待できます。



体調に合わせて身体に無理のないように入浴してください。組み合わせも体調ごとに変えていくようにしましょう。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。